コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンテロペプチダーゼ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンテロペプチダーゼ
えんてろぺぷちだーぜ
enteropeptidase

十二指腸粘膜に存在するタンパク分解酵素の一種。エンテロキナーゼenterokinaseともいう。直接に食物のタンパク質を分解するのではなく、膵液(すいえき)に含まれるトリプシンを活性化する働きをもつ。トリプシンは膵臓から分泌されるときには不活性なトリプシノーゲンという形になっている。膵液が十二指腸に達すると、エンテロペプチダーゼがトリプシノーゲンのN末端部分から短いペプチドを切り離し、活性型のトリプシンとする。こうして生成されたトリプシンもトリプシノーゲンを活性化するので、ねずみ算式に活性化が進む。活性なトリプシンはさらにキモトリプシンなどの他の消化酵素も活性化するので、エンテロペプチダーゼの作用はいろいろな消化酵素が働くための引き金になっている。[笠井献一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エンテロペプチダーゼの関連キーワードトリプシノゲン栄養(人間)腸液消化

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android