コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンポリオン エンポリオンEmporion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンポリオン
Emporion

マッシリアの古代植民市。スペイン地中海沿岸,バルセロナの北東にあった。現アンプリアス。3世紀にローマがスペイン経略の足掛りとし,以後ローマの支配下にあった。住民は先住民ギリシア人,ローマ人の3者。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エンポリオン【Emporion】

スペイン北東部,フランスとの国境に近いロサス湾の沿岸部にギリシア人が前6世紀前半に建てた町。〈交易場〉を意味するその名のとおり,ギリシア人とイベリア半島原住民との交易の中心地として大いに発展し,フェニキア人が半島南部に築いたガデス(現,カディス)と覇を競った。 第2次ポエニ戦争(前218‐前201)が勃発すると,ローマに迫るカルタゴ軍の補給線を断つべくイベリア半島に出動したローマ軍がこのエンポリオンを上陸基地にしたことは有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone