コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンポリオン エンポリオン Emporion

2件 の用語解説(エンポリオンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンポリオン
エンポリオン
Emporion

マッシリアの古代植民市。スペイン地中海沿岸,バルセロナの北東にあった。現アンプリアス。3世紀にローマがスペイン経略の足掛りとし,以後ローマの支配下にあった。住民は先住民ギリシア人,ローマ人の3者。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エンポリオン【Emporion】

スペイン北東部,フランスとの国境に近いロサス湾の沿岸部にギリシア人が前6世紀前半に建てた町。〈交易場〉を意味するその名のとおり,ギリシア人とイベリア半島原住民との交易の中心地として大いに発展し,フェニキア人が半島南部に築いたガデス(現,カディス)と覇を競った。 第2次ポエニ戦争(前218‐前201)が勃発すると,ローマに迫るカルタゴ軍の補給線を断つべくイベリア半島に出動したローマ軍がこのエンポリオンを上陸基地にしたことは有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エンポリオンの関連キーワードアンドラロンセスバリェスンゼレコレフィゲラスカタルーニャスペイン村ガローウェグランポポスペインの時グルナッシュ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone