エンメイン(読み)えんめいん

  • enmein

化学辞典 第2版の解説

C20H26O6(362.41).B-セコカウラン骨格をもち,高度に酸素化されたジテルペン.シソ科ヒキオコシIsodon japonicusおよびクロバナヒキオコシI.trichocarpusの苦味成分.この2種類の植物の茎葉は,生薬延命草として苦味健胃薬に用いられる.エールリヒ腹水がんに対して抗がん性を示し,グラム陽性菌に有効である.昆虫の成長抑制剤.40万倍に水で希釈しても苦味をもつ.久保田ら(1966年)によって構造が決定された.融点297~299 ℃(分解).-156°(アセトン).[CAS 3776-39-4]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のエンメインの言及

【ヒキオコシ(引起)】より

…北海道,本州,四国,九州,朝鮮に分布する。強い苦味のあるエンメインenmeinを含み,全草を陰干しにして煎じて薬用とする。消化不良,食欲不振,腹痛に効があるといわれ,ヒキオコシの名は起死回生の効があるという言い伝えからついたもので,また同じ意味でエンメイソウ(延命草)ともいわれる。…

※「エンメイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android