コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エートシュミット エートシュミット Edschmid, Kasimir

2件 の用語解説(エートシュミットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エートシュミット
エートシュミット
Edschmid, Kasimir

[生]1890.10.5. ダルムシュタット
[没]1966.8.31. スイス,ブルペラ
ドイツの作家。短編小説『6つの河口』 Die sechs Mündungen (1915) ,『疾走する人生』 Das rasende Leben (16) ,評論『表現主義文学』 Über den Expressionismus in der Literatur und die neue Dichtung (19) によって,表現主義の先駆者とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エートシュミット
えーとしゅみっと
Kasimir Edschmid
(1890―1966)

ドイツの作家。ダルムシュタット生まれ。『六つの河口』(1915)などの短編によって典型的な表現主義の作家となり、評論においても表現主義的立場を主張、擁護した。また『アフリカの素顔』(1951)などの紀行文は、多くの読者を獲得し、ルポルタージュ文学の規範的作品となった。ナチス政権下では執筆禁止。大戦後は旧西ドイツペンクラブおよび文芸アカデミーの副会長を務めた。[横塚祥隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エートシュミットの関連キーワードダルムシュタットダームスタチウムハッシウムジャンダルムアムシュタインホフ教会シュタインホフ教会ヴァルトシュタインシュタゲダルムシュタット城音楽祭ヘッセン・ダルムシュタット

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone