コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エートシュミット エートシュミットEdschmid, Kasimir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エートシュミット
Edschmid, Kasimir

[生]1890.10.5. ダルムシュタット
[没]1966.8.31. スイス,ブルペラ
ドイツの作家。短編小説『6つの河口』 Die sechs Mündungen (1915) ,『疾走する人生』 Das rasende Leben (16) ,評論『表現主義文学』 Über den Expressionismus in der Literatur und die neue Dichtung (19) によって,表現主義の先駆者とされる。また紀行文にもすぐれ,『アフリカ』 Afrika (30) ,『イタリア』 Italien (35~48) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エートシュミット
えーとしゅみっと
Kasimir Edschmid
(1890―1966)

ドイツの作家。ダルムシュタット生まれ。『六つの河口』(1915)などの短編によって典型的な表現主義の作家となり、評論においても表現主義的立場を主張、擁護した。また『アフリカの素顔』(1951)などの紀行文は、多くの読者を獲得し、ルポルタージュ文学の規範的作品となった。ナチス政権下では執筆禁止。大戦後は旧西ドイツのペンクラブおよび文芸アカデミーの副会長を務めた。[横塚祥隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エートシュミットの関連キーワード10月5日上道直夫

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android