オイラー・ケルピン(読み)オイラーケルピン

百科事典マイペディアの解説

オイラー・ケルピン

ドイツ生れのスウェーデンの化学者。ベルリン,ゲッティンゲン,アウクスブルクなど各地の大学で学び,1906年ストックホルム大学教授,1929年同大学生化学研究所所長。糖の発酵と,そこで働く酵素の研究に対し,ハーデンとともに1929年ノーベル化学賞。
→関連項目オイラー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オイラー・ケルピン
おいらーけるぴん
Hans Karl August Simon von Euler-Chelpin
(1873―1964)

ドイツ生まれのスウェーデンの生化学者。ミュンヘン、ベルリン、ゲッティンゲン、ウュルツブルクの諸大学に学び、その間、W・H・ネルンスト、S・A・アレニウス、ファント・ホッフらと研究活動をした。1906年ストックホルム大学教授、生物化学研究所長。ヘキソキナーゼやジアフォラーゼの発見、インベルターゼ、グルタミン酸デヒドロゲナーゼの研究、いくつかのビタミンの構造式の決定など、多くの業績をあげた。とくにハーデンが発見した酵母のアルコール発酵を促進させる補助因子について1923年以来研究し、精製してコチマーゼと名づけ、1935年にはその構造をピリジンアデニンジヌクレオチドであるとし、またコチマーゼが脱水素酵素反応の際の一般的な補助物質であることも指摘した。その後、O・H・ワールブルクがリン酸の一つ多い同様の物質を発見しTPN(トリフォスフォピリジンヌクレオチド)と名づけ(現在はNADP)、オイラーのものはDPN(ジフォスフォピリジンヌクレオチド)といわれた(現在はNAD)。1929年ハーデンとともにノーベル化学賞を受賞した。[石館三枝子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android