コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウクスブルク Augsburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウクスブルク
Augsburg

ドイツ南東部,バイエルン州の都市。ミュンヘンの西北西約 60km,ウェルタハ川とレヒ川の合流点近くに位置する。前 15年に建設されたドイツ最古のローマ都市の一つ。 739年には司教座がおかれ,1276年帝国直轄都市となった。北イタリアから北ドイツにいたる主要街道に沿い,中世商業の中心地として発達。特にフッガー家とウェルザー家の財閥がヨーロッパ各地の商業,金融で大活躍をし,「黄金のアウクスブルク」として 15世紀末には人口5万を数えた。帝国国会もしばしばこの地で開かれ,なかでも新旧両教の間の調和をはかろうとした 1530年の議会,宗教和議を生んだ 55年の議会は重要。その後は三十年戦争などにより衰退し,1806年にバイエルン領となった。水力に恵まれたことなどにより産業革命初期から工業が興り,今日も,内燃機関,化学,電気機器などの重工業が盛んで,南ドイツの一大工業中心地。ディーゼルエンジン発明の地で,ドイツ有数の機械メーカーの本社がある。第2次世界大戦で大きな被害を受け,歴史的建造物の多くが消滅したが,いまだに市内には 14世紀に再建されたゴシック様式の大聖堂,1519年建設の貧民のための住宅区フッゲライ,ルネサンス様式の市庁舎 (1615~20) ,フッガー館 (博物館) ,モーツァルト博物館などみるべきものが多い。人口 26万3646(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アウクスブルク

ドイツ,バイエルン州の都市。レッヒ川とその支流ウェルタハ川の合流点にあり,交通・商業の要地。繊維・金属・機械工業が発達している。起源は前15年のローマの軍団駐屯地で,8世紀に司教座がおかれ,1276年―1806年は自由市。
→関連項目シュワーベン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アウクスブルク【Augsburg】

ドイツ南部,バイエルン州の都市。人口26万2000(1995)。レッヒ川とウェルタハ川に挟まれた三角台地にある。標高490m。古くからドイツとイタリアを結ぶ交通の要衝であり,現在も鉄道3線が交差し,ロマンティッシェ・シュトラーセの中間に位置する。15,16世紀には南ドイツ経済の繁栄の中心になり,フッガー家をはじめ多くの国際的巨商が輩出した。19世紀以降綿工業が発達し,現在は機械工業の中心でもある。市内には市庁舎,フッゲライ,シェツラー邸などの歴史的建造物が多く,H.ホルバイン(父),L.モーツァルト,ブレヒトもここで生まれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アウクスブルク【Augsburg】

ドイツ南部の都市。毛織物工業が盛ん。中世以来イタリアとの交通の要衝として繁栄。フッガー家などの富豪を生んだ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アウクスブルク
あうくすぶるく
Augsburg

ドイツ南部、バイエルン州にある都市。アルプスから北流するレッヒ川とベルタハ川の合流点に位置する。人口25万5000(2000)。鉄道が敷かれてから以後は、ミュンヘンの発達で相対的な地位の低下は否めないが、とくに中世には南ドイツ随一の商工業都市として繁栄した。町の基礎は、古代ローマ人によってベルタハ川左岸につくられ、現在の中心街であるマクシミリアン通りはかつて商人町が成立した地である。その後、レッヒ川沿いの低地にも市街地が拡大し、運河がつくられ、水車を利用して、製粉、鍛鉄などの工業が発達した。町は一時衰退したが、19世紀になって、水力タービンを利用した紡績、織物や機械工業を興し復活した。今日ではほかに自動車、電子工業なども発達している。
 文化の中心地でもあり、画家H・ホルバイン父子、この地の都市計画に従事し市役所をつくった建築家E・ホルなど多くの文化人を輩出した。市内には、ルネサンス様式の市役所、青銅の戸で有名なドーム、フッガー家の住居、フガライ住区(フッガー家による世界最初の貧民救済住宅地区)など、長い伝統を示す歴史的建造物が多い。市の南西部の公園には、かつてここに住んだディーゼル機関の発明者R・ディーゼルの記念碑が、日本人によって建てられている。[石井英也]

歴史

紀元前15年に設けられたローマの軍団の屯営跡に、紀元後10~30年ごろローマ都市アウグスタ・ウィンデリコルムAugusta Vindelicorumが建設されたのが市の起源である。中世初め司教座が置かれ、司教ウルリヒはオットー1世と協力してマジャール人の侵攻を防ぎ(955)、司教都市の基礎を築いた。古くからドイツとイタリアを結ぶ交通の要地で、11世紀には商人の町並みが発展し(1156年最初の都市法)、13世紀後半に司教の権限が大幅に市民に委譲されて自治が前進し、1315年帝国都市になった。1368年から180年間、都市貴族に対してツンフト(同職ギルド)の市政参加が実現した。15、16世紀には地中海貿易の中心地ベネチアとの商業、バルヘント織と金属工芸、チロル地方の銀と銅の採掘・精錬・販売、金融業などの経済活動が大いに栄え、「黄金のアウクスブルク」とよばれた。人口は1550年3万2000、1612年4万6000。フッガー家やウェルザー家をはじめ多数の巨商が輩出し、その活動は全ヨーロッパ、「新大陸」にも及んだ。宗教改革期には帝国議会が何度も開かれ、ルター派を公認したアウクスブルクの宗教和議(1555)もここで締結された。商業革命の影響を受けて世界商業の分野から後退したが、18世紀には新興のキャリコ捺染(なっせん)業の中心地となった。「ドイツのキャリコ王」シューレはその代表である。ロココ建築の傑作シェツラー邸の新築祝いはフランス王室へ嫁ぐマリ・アントアネットの歓迎舞踏会であった。1806年、神聖ローマ帝国の解体によりバイエルン王国に編入され、産業革命期には綿工業が発展した。1837年機械綿紡織株式会社(3万紡錘、織機800台、資本金120万グルデン、年産10万反。現在のアウクスブルク機械綿紡織株式会社=SWA)が設立され、1840年ミュンヘンとの鉄道が開通、1842年商業会議所が設立された。国民経済学者で鉄道建設の先駆者リストは『アルゲマイネ・ツァイトゥンク』紙の協力者として来住し、主著『経済学の国民的体系』を完成した。1866年最後のドイツ連邦議会がホテル「ドライ・モーレン」で開かれ、解散を決議した。1840年設立の機械工場(現在のアウクスブルク・ニュルンベルク機械工場=MAN)で1897年ディーゼル機関が完成した。1910年には人口が10万を超えた。第二次世界大戦中、1944年の空襲と1945年の戦闘によって大きな被害を受けた。[諸田 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアウクスブルクの言及

【銀】より

…J.アマンの木版画にH.ザックスの詩を添えて1568年に出版された《身分と手職の本》(邦訳《西洋職人づくし》)には,金銀細工師(…印章やら印つき指環,宝石をちりばめた高価な掛飾も小ものも,くさり,首飾,また腕輪も,杯やら壺の類も,ときには銀器も銀皿もつくる…),金銀箔師(金や銀を箔にのばすのがわしのしごと,画家やら型付け師,そのほか,どんな絵しごとにも使える箔つくりじゃ…),貨幣師(…刻印正しく精巧なグルデン,クローン,ターレル,パッツェン,半パッツェン,クロイツェル,ペニッヒ,よき昔のトゥール銀貨と,…良い通貨をわしは鋳出す)が載っている。南ドイツのアウクスブルクは,金属工芸の中心として外国にも知られていたが,1650年皇帝フェルナンド3世からオスマン・トルコ宮廷への贈物とスウェーデン女王の銀器が,この町の銀細工師の手で製作された。技術習得のために外国からアウクスブルクへ来住する金銀細工師もいたという。…

※「アウクスブルク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アウクスブルクの関連キーワードロマンティッシェ・シュトラーセアウグスタ・ウィンデリコルムアウクスブルクの暫定取決めウルリヒ[アウクスブルク]アウクスブルクの宗教和議ヤーコプ2世 フッガーアウクスブルク信仰告白シュテルネック イナマシュマルカルデン同盟アウクスブルク市庁舎ホルバイン[一族]アウクスブルク信条マイスタージンガーオイラー・ケルピンウェルザー[家]レヒフェルトの戦ライスワイク条約ロマンチック街道ロッテンハンマーブルクマイアー

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アウクスブルクの関連情報