コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーデン Harden, Sir Arthur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーデン
Harden, Sir Arthur

[生]1865.10.12. マンチェスター
[没]1940.6.17. ボーン
イギリスの生化学者。マンチェスター大学,ドイツのエルランゲン大学に学び,マンチェスター大学講師 (1888~97) 。ジェンナー研究所 (のちのリスター研究所) の生化学部門主任 (1907~30) ,ロンドン大学生化学教授 (12) 。 20年以上にわたって糖の発酵を研究して,糖の発酵の際のリン酸の役割を明らかにし,酵素の働きを助ける補酵素の存在を示し,生体内の代謝機構を明らかにした。また,バクテリア酵素と代謝の研究では先駆者である。 1929年に H.オイラー=ケルピンとともにノーベル化学賞を受賞した。 36年ナイトの称号を贈られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハーデン

英国の生化学者。マンチェスターおよびエルランゲン大学に学び,リスター研究所生化学教授。アルコール発酵,特にその酵素作用の研究で1929年ノーベル化学賞。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーデン
はーでん
Sir Arthur Harden
(1865―1940)

イギリスの生化学者。マンチェスターに生まれ、生地のオーエンズ大学を卒業。その後ドイツのエルランゲン大学で学位を取得し、帰国してマンチェスターに戻った。1897年にロンドンのジェンナー予防医学研究所に入ったころから細菌や酵母の発酵現象に関心をもつようになった。ヤングWilliam John Young(1878―1942)とともに、解糖の中間反応に糖の加リン酸過程が存在することを、果糖二リン酸(ハーデン‐ヤングエステルともよぶ)を使って実験した。この研究は、発酵の初期段階にリン酸が関与することを解明する端緒となり、当時承認されていた発酵のノイベルク説を訂正し、その後のマイヤーホーフたちによる解糖経路の解明に寄与することになった。また発酵には透析可能な低分子の補酵素(コチマーゼ、現在のNAD)が関与することについても研究し、1929年にオイラー・ケルピンとともにノーベル化学賞を受けた。1926年ナイトに叙せられ、1909年からフェローだった王立協会からは1935年にデービー・メダルを授与された。バッキンガムシャー、ボーンエンドで死去した。[宇佐美正一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハーデンの関連キーワードハンス・カール・アウグスト・シモン・フォン オイラー・ケルピンフランツ・カール ミュラー‐リヤーポロック/二人だけのアトリエヘンリー・E. ロスコーイントゥ・ザ・ワイルドミラーズ・クロッシングオイラー=ケルピンハーデンベルギアオイラーケルピングラッドストン10月12日ザ・プラザベンソンオイラーロスコー

ハーデンの関連情報