コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーデン ハーデン Harden, Sir Arthur

3件 の用語解説(ハーデンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーデン
ハーデン
Harden, Sir Arthur

[生]1865.10.12. マンチェスター
[没]1940.6.17. ボーン
イギリス生化学者。マンチェスター大学,ドイツエルランゲン大学に学び,マンチェスター大学講師 (1888~97) 。ジェンナー研究所 (のちのリスター研究所) の生化学部門主任 (1907~30) ,ロンドン大学生化学教授 (12) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハーデン

英国の生化学者。マンチェスターおよびエルランゲン大学に学び,リスター研究所生化学教授。アルコール発酵,特にその酵素作用の研究で1929年ノーベル化学賞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーデン
はーでん
Sir Arthur Harden
(1865―1940)

イギリスの生化学者。マンチェスターに生まれ、生地のオーエンズ大学を卒業。その後ドイツのエルランゲン大学で学位を取得し、帰国してマンチェスターに戻った。1897年にロンドンのジェンナー予防医学研究所に入ったころから細菌や酵母の発酵現象に関心をもつようになった。ヤングWilliam John Young(1878―1942)とともに、解糖の中間反応に糖の加リン酸過程が存在することを、果糖二リン酸ハーデン‐ヤングエステルともよぶ)を使って実験した。この研究は、発酵の初期段階にリン酸が関与することを解明する端緒となり、当時承認されていた発酵のノイベルク説を訂正し、その後のマイヤーホーフたちによる解糖経路の解明に寄与することになった。また発酵には透析可能な低分子の補酵素(コチマーゼ、現在のNAD)が関与することについても研究し、1929年にオイラー・ケルピンとともにノーベル化学賞を受けた。1926年ナイトに叙せられ、1909年からフェローだった王立協会からは1935年にデービー・メダルを授与された。バッキンガムシャー、ボーンエンドで死去した。[宇佐美正一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーデンの関連キーワード聖フランチェスコ聖堂ちぇすとフランチェスカフランチェスコ修道会マンチェスター学派マンチェスターテリアトイ・マンチェスター・テリアゴッドマンチェスター《マンチェスター・ガーディアン》マンチェスター・テリア[種]

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハーデンの関連情報