コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイラー周期 オイラーしゅうき

2件 の用語解説(オイラー周期の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オイラー周期【オイラーしゅうき】

剛体と仮定したときの地球の極運動の周期。約305日。1736年にL.オイラーが求めたもの。地球は剛体ではないので実際に観測される周期は約420日で,これをチャンドラー周期という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オイラーしゅうき【オイラー周期 Euler’s period】

剛体と仮定した地球の極運動の周期。その値は約305日である。回転対称な形状をもつ剛体が外力のない場で自由に回転する場合,形状軸(最大慣性モーメント軸)と回転軸が一致していないと回転運動揺らぎが起こる。回転する剛体の上でこの揺らぎを観測すると,形状軸のまわりを回転軸が運動するように見える。1736年にL.オイラーは地球を剛体と仮定し,地球の主慣性モーメントの数値を使って運動の周期305日を求めた。地球は剛体ではないので実際に観測される周期は約430日である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のオイラー周期の言及

【極運動】より

…地球の自転軸が,地球に固定した座標系に対して運動するため,極が地表に相対的に移動すること。1736年にL.オイラーは周期305日(これをオイラー周期という)の極運動を予言した。1888年K.F.キュストナーは極運動によって起こる天文緯度の変化を発見し,S.C.チャンドラーはその周期が430日(これをチャンドラー周期という)であることを確かめた。…

【章動】より

…木村栄の発見した年周Z項の原因は,半年周期章動の係数に対する剛体理論値と流体核地球の理論値との差によって説明された。
[自由章動]
 極運動の一成分で,周期約430日のチャンドラー周期,または周期305日のオイラー周期をいう。これらは天文章動が外部天体の引力によって強制的に起こることと異なり,外力のない場合の地球の回転運動であって,地球自身に対する自転軸の運動である。…

【チャンドラー周期】より

…観測された周期は,予言値に比べて約130日長く大問題となったが,アメリカの天文学者S.ニューカムは地球を弾性体と考えればこの周期の伸びが説明できることを証明した。現在では,地球の構造を考慮して,ほぼ弾性的変形をする部分(地殻とマントル)によって,オイラー周期が約120日伸び,流体核の存在によって約30日縮み,海洋の影響で約30日伸びて観測される周期430日になると考えられている。チャンドラー運動の振幅は一定ではなく,かつ位相も変化している。…

※「オイラー周期」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone