コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオアルマジロ Priodontes giganteus; giant armadillo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオアルマジロ
Priodontes giganteus; giant armadillo

貧歯目アルマジロ科。体長 1m,尾長 50cmほどで,アルマジロ類中の最大種。体毛暗褐色。 11~13個の可動性の背甲をもっており,甲板の間にはまばらに毛が生えている。危険を感じると体を曲げて球状になり,外敵から身を守る。爪はがんじょうで,前肢の第3指の爪は曲りに沿ってはかると 20cmほどもある。土中に穴を掘ってすみかとする。夜行性昆虫類クモ,ヘビなどを食べ,ときに死肉も食べる。南アメリカに分布し,水辺近くにみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオアルマジロ
おおあるまじろ
giant armadillo
[学]Priodontes giganteus

哺乳(ほにゅう)綱貧歯目アルマジロ科の動物。体長75~100センチメートル、尾長50センチメートル、体重は60キログラムにも達する。背の可動帯は11~13枚、頸(くび)には3~4枚の可動する前甲がある。歯は多く、小さなものが100枚もある。前足の第3指のつめは大きく23センチメートルもあり、土中の餌(えさ)となる動物をとらえるのに役だつ。南アメリカの水辺にすみ、アリ、シロアリ、昆虫などのほか、ヘビ、ときには動物の死体を食べることも知られる。1産2子とされる。[齋藤 勝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオアルマジロの言及

【アルマジロ】より

…肉は食用にされ美味。最大の種オオアルマジロPriodontes giganteus(=P.maximus)は体長1m。夜行性で,巨大な前足の第3指のつめでシロアリの塚を壊したり,根のはったやぶや畑でも手ぎわよく穴を掘ってシロアリやミミズ,昆虫などを食べる。…

※「オオアルマジロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オオアルマジロの関連キーワードベアデイロス平原国立公園アナビリャーナス国立公園リオ・アビセオ国立公園中央スリナム自然保護区リオエマス国立公園マヌー国立公園

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android