コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオスズメノテッポウ おおすずめのてっぽう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオスズメノテッポウ
おおすずめのてっぽう / 大雀鉄砲
[学]Alopecurus pratensis L.

イネ科の多年草。根茎は短く、稈(かん)は直立して高さ0.5~1メートル。5~6月に稈の先に円柱形の花序をつける。小穂は長さ4~5センチメートル、やや紫色を帯びる。葯(やく)は2.5~3ミリメートル、濃黄色。ヨーロッパ、西アジア、北アフリカの原産で、ときに野生化する。セトガヤA. japonicus Steud.はこれに似るが一年草で、小穂がやや長く、淡黄緑色を帯び、葯は約1ミリメートル、淡黄色。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオオスズメノテッポウの言及

【スズメノテッポウ】より

…日本の関東地方から九州までと中国に見られる。オオスズメノテッポウA.pratensis L.(英名meadow foxtail)は高さ60~100cmの多年草で,長さ8cm,幅10mmの穂を出す。ユーラシア原産で,北アメリカに帰化している。…

※「オオスズメノテッポウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報