コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオモミジ おおもみじ

1件 の用語解説(オオモミジの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオモミジ
おおもみじ / 大紅葉
[学]Acer amoenum Carr.

カエデ科の落葉中高木。イロハモミジに次いで日本の代表的なカエデで、園芸品種も多い。イロハモミジに比べ葉がやや大きく、鋸歯(きょし)は一般に規則的な細かい単鋸歯。北海道、本州、四国、九州の主として温帯山地に分布する。変種ヤマモミジは葉が7~9裂し、粗い重鋸歯をもつ。青森県から福井県までの日本海側山地に分布する。イロハモミジやオオモミジの野生のものを園芸品種に対比させ単にヤマモミジということがあるが、分類学上は正しくない。[緒方 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオオモミジの言及

【カエデ(楓)】より

…カエデ属樹木の総称。カエデは蛙手(かえるで)で,最もふつうに見られるイロハモミジやオオモミジの掌状に分かれる葉をカエルの手になぞらえたもの。モミジともいうが,これは紅葉するという意味の〈もみず〉からきており,秋に紅葉する植物の代表であるカエデ類を指すようになった。…

※「オオモミジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オオモミジの関連情報