コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オカメブンブク オカメブンブク Echinocardium cordatum

3件 の用語解説(オカメブンブクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オカメブンブク
オカメブンブク
Echinocardium cordatum

棘皮動物門ウニ綱心形目ヒラタブンブク科。殻は直径3~5cm,高さ 1.5~2cm,多少黄色みを帯びた白色で,薄くてもろい。殻形はやや卵形で前端が少しへこみ,後端へいくにつれて高くなり,頂上に4個の生殖孔が開いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オカメブンブク【Echinocardium cordatum】

ウニ綱ヒラタブンブク科の棘皮(きよくひ)動物。日本各地の海域に分布し,水深230mくらいまでの砂泥底の中に潜って生活する。表面のとげを取り去った殻の表面が〈おかめの面〉に似ているところから名付けられた。全体は黄白色。殻は長径3~5cm,高さ1.5~2cmくらいで薄くてもろい。殻の輪郭は卵形であって,前端が少し凹み,後端が高くなっている。殻の背面中央に微小な生殖孔が4個開き,肛門は後端の上方にある。口は下面の前方近くに開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オカメブンブク
おかめぶんぶく / 阿亀文福
sea-potato
[学]Echinocardium cordatum

棘皮(きょくひ)動物門ウニ綱ブンブク目に属する海産動物。ウニの仲間であるが、殻はいびつに膨れ、淡褐色の体毛のような棘(とげ)で覆われている。大きさは3~4センチメートルで、泥の中に深く潜って生活している。温帯から亜寒帯海域にかけての水深数メートルから200メートルぐらいまでの所に普通にすむ種で、北海道から九州南端、朝鮮半島、中国沿岸、および大西洋、地中海にも分布する。棘(とげ)を取り去った殻には奇妙な膨らみや溝があり、おかめの面に似ているところから名づけられた。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オカメブンブクの関連キーワードアカウニサンショウウニジンガサウニタコノマクラバフンウニシラヒゲウニ(白鬚海胆)ナガウニ(長海胆)フクロウニ(袋海胆)ブンブクチャガマ(分福茶釜)ラッパウニ(喇叭海胆)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone