コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オキシテトラサイクリン オキシテトラサイクリン oxytetracycline

3件 の用語解説(オキシテトラサイクリンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オキシテトラサイクリン(oxytetracycline)

放線菌の一種から分離された抗生物質の一。苦味のある黄色結晶。グラム陽性菌陰性菌リケッチア、一部のウイルスに有効で、医薬・農薬・食品保存料に利用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オキシテトラサイクリン

抗生物質。1950年フィンレーらにより放線菌の培養液中に発見された。抗菌スペクトルが広く,各種細菌,リケッチア,大型ウイルスの発育を阻止し,広く治療に用いられている。
→関連項目テラマイシン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

オキシテトラサイクリン【oxytetracycline】

放線菌の一種から分離した抗生物質。グラム陽性菌・グラム陰性菌・スピロヘータ・リケッチア・大型ウイルス感染症に有効。テラマイシンは商標名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオキシテトラサイクリンの言及

【結晶構造】より

… 構造の単位が密につまって結晶構造全体が構成されている傾向は有機結晶においても例外ではない。図6-aに示すのはオキシテトラサイクリン分子の立体構造モデルで,塩酸オキシテトラサイクリンC22H24N2O9・HClの結晶構造における一つの分子をそのc軸から見たものである。このような低対称の分子を一つの図形で表現して,分子が結晶の中で配列しているようすを示したのが図6-bである。…

【抗生物質】より

…39年からの20年間は抗生物質の黄金時代であり,つぎつぎと新物質が発見された。ストレプトマイシン(1944)に続いて,細菌ばかりでなくリケッチアと大型ウイルスにも作用するクロラムフェニコール(1945),クロルテトラサイクリン(1948),オキシテトラサイクリン(1950)が発見された。これらは広範囲スペクトル抗生物質であり,適応症が著しく拡大されたばかりでなく,経口投与可能のものもあり,抗生物質療法は急速に普及した。…

※「オキシテトラサイクリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オキシテトラサイクリンの関連キーワード抗生物質バイオマイシンセフェム系抗生物質VRE抗生剤アミノグリコシド系抗生物質ベータラクタム系抗生物質抗真菌性抗生物質国際サーフィン連盟抗生物質 (antibiotics)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone