オクサス遺宝(読み)オクサスいほう

百科事典マイペディア「オクサス遺宝」の解説

オクサス遺宝【オクサスいほう】

1877年トルキスタンのオクサス(Oxusはアム・ダリヤ川の古名)で発見された金銀製の遺物ペルシアアケメネス朝のものと思われる指輪人物像容器飾金具などのほか,前5世紀―前2世紀の貨幣1500枚を含む。ペルシア文化の東方波及を示す遺品で,現在その多くは大英博物館所蔵

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「オクサス遺宝」の解説

オクサスいほう【オクサス遺宝 Oxus treasure】

1877年に中央アジアのオクサス川(アム・ダリヤ)をはさんだコバーディアーンKobadiānとフルムKhulmとの間で出土したと伝える遺物。大英博物館が97年にフランクスA.W.Franksの遺贈によって一括収蔵したもの,のちあらたに加えられたもの,さらにビクトリアアンド・アルバート美術館にある1点を加えた,総計216点の金銀銅製品と約1500点の貨幣を指す。正確な出土地は不明。多くの古物商,英領インド官僚の手を経てイギリスに渡ったため,中間で当初出土した遺物以外の遺物が多く混入した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる