コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オクシモロン オクシモロンoxymoron

翻訳|oxymoron

2件 の用語解説(オクシモロンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オクシモロン(oxymoron)

意味の矛盾する語句を並べて、言い回しに効果を与える修辞法。「無慈悲な親切」「ゆっくり急げ」など。撞着(どうちゃく)語法。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

オクシモロン【oxymoron】

撞着語法と訳す。ギリシア語のoxys(鋭い)とmōros(愚かな)を合成したこの語のなりたちからもわかるように,両立しない言葉をわざと連結する修辞法。〈熱い雪〉〈燃える氷〉〈賢い道化〉〈残酷なやさしさ〉〈欠点のないのが欠点〉〈ゆっくり急げ〉など。西洋の作家は古くから愛用しているが,日本の子どもも〈昨日生まれた婆さんが,85歳の孫連れて……〉などと戯れている。世界への固定した視点を攪乱する語法だが,むろんマンネリズムにも堕しやすい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone