撞着(読み)どうちゃく

精選版 日本国語大辞典「撞着」の解説

どう‐ちゃく【撞着】

〘名〙
① つきあたること。二つのことが互いにぶつかること。
※無刊記刊本碧巖抄(1620‐40頃)五「無心之物と無心之物とする心也」
※かのやうに(1912)〈森鴎外〉「秀麿は一歩一歩非常な困難に撞着(ダウチャク)して」 〔禅林類聚‐看経門〕
② 前と後とでくいちがって、つじつまが合わないこと。矛盾
小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「地ととほとほと撞着する勢ありて句調もおのづから穏やかならじ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「撞着」の解説

どう‐ちゃく【×撞着】

[名](スル)
つきあたること。ぶつかること。
「忌諱すべき事に―することも」〈鴎外渋江抽斎
つじつまが合わないこと。矛盾。「話の前後が撞着する」「自家撞着
[類語](2食い違いずれ行き違いジレンマ矛盾自家撞着齟齬そご牴牾ていご二律背反背反背理不整合不一致扞格かんかく対立相克あい反する食い違うミスマッチ相容れない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android