コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オグラコウホネ おぐらこうほね

1件 の用語解説(オグラコウホネの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オグラコウホネ
おぐらこうほね / 巨椋川骨
[学]Nuphar oguraense Miki

スイレン科の多年生の水草。8~10月に径3~4センチメートルの黄色い花を開く。本州中部以西から九州の池に生育する。コウホネに似るが、葉は広楕円(こうだえん)形、長さ5~11センチメートルで水面に浮かび、雄しべの葯(やく)が短いなどコウホネと異なる。和名は、京都の巨椋池(おぐらいけ)にあるコウホネの意味だが、池はいまはない。[伊藤元巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオグラコウホネの言及

【コウホネ(河骨)】より

…また花を楽しむだけでなく,アクアリウムでの水中葉も観賞される。 コウホネの仲間はほかに水上葉が水面に浮かぶヒメコウホネN.subintegerrimum,オグラコウホネN.oguraense,ネムロコウホネN.pumilumが日本に分布する。尾瀬に生える柱頭盤が鮮赤色のオゼコウホネN.pumilum var.ozeenseはネムロコウホネの変種とされている。…

※「オグラコウホネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone