コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オセロー

百科事典マイペディアの解説

オセロー

シェークスピア作の悲劇。原題は《Othello,the Moor of Venice》で,副題〈ベニスムーア人〉。5幕。推定初演1604年。ベニスの将軍でムーア人のオセローは,奸臣(かんしん)イアーゴーの計略にかかり,最愛の妻デズデモーナの貞節を疑って殺してしまうが,真実が明らかになると自殺する。
→関連項目川上音二郎ファマグスタ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オセロー【Othello,the Moor of Venice】

イギリスの劇作家シェークスピアの悲劇。副題〈ベニスのムーア人〉。1604年初演。イタリアの作家チンティオの物語に題材を得ている。ベニス共和国に仕えるムーア人の将軍オセローは元老院議員の娘デスデモーナと深く愛し合い,彼女の父の妨害にもかかわらず結婚する。折しも来襲したトルコ軍と戦うべく派遣されたキプロス島で,かねてより彼に恨みを持つ旗手イアーゴーの奸計に乗せられて,妻に猜疑心を抱くようになる。あげくの果て,彼女の不貞を確信した彼は寝台の上で彼女を扼殺するが,その直後に真実を知って自害する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオセローの言及

【オテロ】より

…シェークスピアの悲劇《オセロー》に基づいて作曲されたオペラ。イタリア語の台本による。…

※「オセロー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オセローの関連キーワードオセロ(シェークスピアの悲劇)シェークスピアの四大悲劇松本 幸四郎(8代目)フリッツ コルトナーハリール・マトラーングレゴリー ドーラン尾上 松緑(2代目)松本 白鸚(初代)アントニー シャーマッシンジャーサム メンデスレールモントフゼッフィレリ東 恵美子北村 和夫吉田 史子バーベッジ東儀 鉄笛古坂るみ子中村彰男

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オセローの関連情報