オックスフォード協約(読み)オックスフォードきょうやく(英語表記)Provisions of Oxford

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オックスフォード協約
オックスフォードきょうやく
Provisions of Oxford

1258年イギリスの国政改革に立上がったシモン・ド・モンフォールらの封建諸侯が国王ヘンリー3世と協定した改革要綱。諸侯が望んだ国政の改革を行いやすいように,諸侯の支配する統治の機関と機構を規定し,王権を制限しようとしたもの。 61年4月,王が破棄を宣言したために実効を失った。しかし,諸侯の反乱 (→バロン戦争 ) ののち,その精神は 66年の「ケニルワースの宣言」に生かされた。広義には 59年のウェストミンスター協約を含めることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android