コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オックスフォード協約 オックスフォードきょうやくProvisions of Oxford

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オックスフォード協約
オックスフォードきょうやく
Provisions of Oxford

1258年イギリスの国政改革に立上がったシモン・ド・モンフォールらの封建諸侯が国王ヘンリー3世と協定した改革要綱。諸侯が望んだ国政の改革を行いやすいように,諸侯の支配する統治の機関と機構を規定し,王権を制限しようとしたもの。 61年4月,王が破棄を宣言したために実効を失った。しかし,諸侯の反乱 (→バロン戦争 ) ののち,その精神は 66年の「ケニルワースの宣言」に生かされた。広義には 59年のウェストミンスター協約を含めることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オックスフォード協約の関連キーワードモンフォール家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android