オット シュテルン(英語表記)Otto Stern

20世紀西洋人名事典「オット シュテルン」の解説

オット シュテルン
Otto Stern


1888.2.17 - 1969.8.17
米国の物理学者
元・カーネギー工科大学教授。
ドイツ出身。
1912年ブレスラウ大学で物理化学の学位取得後プラハ大学でアインシュタイン師事フランクフルト大学、ロストク大学を経、ハンブルク大学教授となる。ナチから逃れ渡米、’33〜46年カーネギー工科大学教授を務め、’39年帰化。’22年シュテルン・ゲルラハの量子論における方向量子化を検証した実験を行い、’31年原子線の回折を発見し物質波の理論確証、’33年陽子の磁気モーメントを測定し成功。これらの業績により’43年ノーベル物理学賞受賞。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android