コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オッフィチーナ Officina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オッフィチーナ
Officina

イタリアの文芸雑誌。隔月刊。本来は詩の同人誌として,1955年5月から 59年まで発刊された。編集にあたったのは,F.レオネッティ,P.パゾリーニ,R.ロベールシの3名。第1期は,58年4月までで,通算 12巻を出版した。第2期は,F.フォルティーニ,A.ロマーノ,G.スカーリアが新たに編集に加わり,版元をボンピアーニ社に移した。グラムシの思想を媒体に,政治と文化の間に生じた亀裂を超克することを目的とし,詩の分野ではエルメティズモを,詩の手法からばかりでなく,詩の解釈,思想性,文化的意義の視点において,乗越えようとはかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android