コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニスゲ おにすげ

1件 の用語解説(オニスゲの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニスゲ
おにすげ / 鬼菅
[学]Carex dickinsii Fr. et Sav.

カヤツリグサ科の多年草。高さは30~60センチメートルで長い走出枝を伸ばす。雌小穂は1~3個つき、楕円(だえん)形で1~2センチメートル。大きな金平糖(こんぺいとう)のような形をしていて目だつ。果胞の長さは1センチメートルほどで、和名は果胞が大形であることによる。また、小穂がミクリの実の形に似ているのでミクリスゲの名もある。北海道、本州、四国、九州の水湿地に群生する。[木下栄一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオニスゲの言及

【スゲ(菅)】より

… 生態的に見るとスゲはあらゆる生態条件下に見られるが,カサスゲのように湿地に生えるスゲはたいへん多く,山の渓流に沿って見るナルコスゲC.curvicollis Fr.et Sav.では,細い柄をもった円柱形の小穂が垂れ下がり鳴子を思わせるが,同じ鳴子形の花序をもち,葉の鋸歯が手を切るほど鋭いというテキリスゲC.kiotensis Fr.et Sav.は山中の湿地に,ゴウソC.maximowiczii Miq.は水田のあぜに多い。アゼスゲC.thunbergii Steud.,カワラスゲC.incisa Boott,大きな果胞をもったオニスゲC.dickinsii Fr.et Sav.,ウマスゲC.idzuroei Fr.et Sav.等みな湿地生である。 丘陵地の林の中にもスゲは多い。…

※「オニスゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone