コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニッチャ オニッチャOnitsha

デジタル大辞泉の解説

オニッチャ(Onitsha)

ナイジェリア南部、アナンブラ州の都市。ニジェール川に面する河港を有し、古くから水運で栄えた。英国保護領時代はヤシ油、織物の重要な集散地となった。イボ族が多く居住する。オニチャ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニッチャ
おにっちゃ
Onitsha

西アフリカ、ナイジェリア東部、アナンブラ州にあるニジェール川沿岸の都市。人口36万2700(1995)。古くからニジェール川の水運を利用した港町として栄え、イギリス植民地時代は、パーム油の輸出港、織物の輸入港として重要であった。先住民族のイボ人が多い町だが、港に近い西部地域は、多部族混住地域である。[島田周平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone