コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニフスベ

百科事典マイペディアの解説

オニフスベ

ホコリタケ科の大型キノコ。日本特産。春〜夏,竹やぶなどに発生,径20〜40cmのまんじゅう形の白色肉質塊に育ち,後,次第に組織がこわれ褐色液を出し,かわいた古綿状のかたまりとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニフスベ
おにふすべ
[学]Lanopila nipponica (Kawam.) Y. Kobayasi

担子菌類、腹菌類ホコリタケ科のキノコ。径が20~40センチメートルにもなる巨大な球形のキノコ。初めは白いなめし革に似た手触りのする外皮で覆われるが、のち汚褐色になり、強い臭気をもつ水分を多量に出して乾いてくる。初めは重さ10キログラム以上ある場合でも、乾けば20分の1以下の重量になる。乾くにつれて外皮は破れ、さらにはがれて、汚褐色の薄皮に包まれた内部を露出する。内部の肉は、初め白いはんぺん質だが、成熟して水を失うと汚褐色のほこりだらけの古綿状になる。ほこり状の粉は胞子で、これは径6~8マイクロメートルの球形であり、表面には多くの刺(とげ)状の突起をもつ。7月から10月にかけて、よく竹林に生えるので、ヤブダマともよばれる。若いときは食用になる。学名は長い間Lasiosphaera属に置かれた。なお、欧米に産するgiant puff ball/Calvatia maxima(Schaeff.)Morganは別属別種である。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオニフスベの言及

【ホコリタケ】より

…ホコリタケに似るが柄はほとんどなく,全体ほぼ球形のタヌキノチャブクロL.pyriforme Pers.は林内の朽木上に多数群生する。 ホコリタケ科には巨大なオニフスベLanopila nipponica (Kawam.) Y.Kobay.がある。直径20~40cmの球塊で,初めは純白色で多量の水分を含んで重い。…

※「オニフスベ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オニフスベの関連キーワードバボツ藪玉子目潰馬勃煙茸埃茸耳潰石綿藪玉

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オニフスベの関連情報