オノンダーガ族(読み)オノンダーガぞく(英語表記)Onondaga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オノンダーガ族
オノンダーガぞく
Onondaga

アメリカ東海岸,ニューヨーク州中央部に居住するアメリカインディアンの一民族。 17世紀の人口は 1700と推定される。木の骨組みの上に樹皮を敷いたロングハウスが立並ぶ2つの村を構成し,肥沃な農地を求めて 10~20年おきに移動して,女性はトウモロコシ,豆類,ウリ,ヒマワリなどを栽培し,男性は漁労,狩猟を行なった。セネカ族オネーダ族と同様,母系氏族の代表が首長の補佐役をつとめた。イロコイ連盟の地理的・政治的な中心として,「火の管理者」に指名され,総会を召集してワンプム記録を管理した。ワンプムとは貝殻で作る管玉のことで,装身具として用いられるほか,協定締結の際などに交換され,署名に代る役割を果した。連盟のほかの民族とは異なり,現在も伝統的な居住地を所有 (約 25km2) ,約 1000人が住み,近隣の都市で働いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android