コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オヒルギ(雄蛭木)(読み)オヒルギ(英語表記)Bruguiera gymnorrhiza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オヒルギ(雄蛭木)
オヒルギ
Bruguiera gymnorrhiza

ヒルギ科の常緑樹。熱帯アジアの海浜でマングローブを構成する1種。通常はマングローブのやや内陸側のあまり海水の濃くない湿地に生育する。高さ 2m前後でよく分枝し,厚く硬い葉を互生する。葉は長さ 10~12cmの楕円形で光沢があり葉柄は赤い。葉腋に1個ずつ花をつけ,花の径約 2cm,赤色で肉の厚い萼筒をもち,その先端は細かく多数に裂ける。萼筒内部に淡黄色の花弁がある。花後,紡錘形の果実から細長く幼根を出し,いわゆる胎生果実となって泥中に落下し,そのまま定着する。日本では南西諸島,特に西表島のマングローブの主要な構成種となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報