コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オビクラゲ オビクラゲCestum amphitrites; Venus's-girdle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オビクラゲ
Cestum amphitrites; Venus's-girdle

有櫛動物門有触手綱オビクラゲ目オビクラゲ科。体は透明で,帯のように扁平で長く,体長が 1mをこえるものもある。体の中央に口が開き,その両側に短い触手が1本ずつある。櫛板は8個あり,4個は短く,4個は長い。櫛板を波打たせて蛇行運動をすることによって泳ぐ。暖海域に分布し,相模湾や富山湾などから採集される。 (→クラゲ )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オビクラゲ
おびくらげ / 帯水母
Venus's girdle
[学]Cestum amphitrites

有櫛(ゆうしつ)動物門有触手綱オビクラゲ科に属するクラゲ。帯のように扁平(へんぺい)で細長い形をしており、長さは数十センチメートルのことが多いが、ときには1メートル以上に達することもある。体の中央に口があり、その両側に各1本ずつの短い触手が出ている。体表面の八つの櫛板(くしいた)列のうち、細長い体に沿った縦の4列はきわめて長く、体中央部の横の4列はきわめて短い。これらの櫛板列の繊毛の運動と、体全体を波状に屈曲させることによって体を移動させる。世界の温水域に広く分布し、日本でも暖流の影響の大きい沿岸でときにみられる。透明な体をくねらせ、櫛板列を虹(にじ)色に輝かせながら浮遊するようすはきわめて美しい。英語は「ビーナスの帯」の意味である。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オビクラゲの関連キーワードオビクラゲ(帯水母)クシクラゲ帯水母櫛水母

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android