コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オビヤスデ

2件 の用語解説(オビヤスデの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オビヤスデ

倍脚綱(ヤスデ綱)オビヤスデ科オビヤスデ属Epanerchodusに属する節足動物の総称。体長2~3cm。胴節は20個で歩肢31対。紫褐色か褐色で背板は平たく,ひさしのように横につき出している。各背板の上面には3列の微小な彫刻模様があるので他のヤスデ類と区別しやすい。眼はない。森林や草地の落葉の中にふつうに生息しているが洞穴内に特化した白色の種がすみ,コウモリの糞などの有機物を食物としているものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オビヤスデ
おびやすで / 帯馬陸

節足動物門倍脚(ばいきゃく)綱オビヤスデ目オビヤスデ科およびオビヤスデ属の陸生動物の総称。オビヤスデ科Polydesmidaeは全世界に分布し、オビヤスデ属Epanerchodusはおもに東アジアに分布する。よく似たモトオビヤスデ属はヨーロッパから日本にかけて分布する。体長2~3センチメートル、胴節数20個。側庇(そくひ)という翼状に突き出た背板のため、平たいようにみえるが、断面は箱形である。体色は紫色、紫褐色で、歩肢は黄色。森林の落ち葉の中などに普通に生息しているが、洞穴の中などには白化した種類なども知られている。腐植質を食べ、産卵は土でつくった半球状ドームの中に卵塊としてなされる。幼虫は7回脱皮し、1~3年がかりで成熟する。日本産オビヤスデ属は50種以上知られている。[篠原圭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オビヤスデの関連キーワード倍脚類脅かす脅威寝おびる馬陸安手おび・る汽車馬陸ヤンバルトサカヤスデ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone