コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オフィーリア オフィーリア Ophelia

翻訳|Ophelia

3件 の用語解説(オフィーリアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オフィーリア(Ophelia)

天王星の第7衛星。1986年にボイジャー2号の接近によって発見された。名の由来はシェークスピアの「ハムレット」の登場人物天王星に2番目に近い軌道を公転し、主要な環であるイプシロン環を、コーディリアと内外から挟んで安定させている。非球形で平均直径は約24キロ。平均表面温度はセ氏マイナス209度以下。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

オフィーリア

イギリスの画家ジョン・エヴァレット・ミレーの絵画(1852)。原題《Ophelia》。シェークスピアの戯曲「ハムレット」のヒロインを題材としたミレーの最高傑作とされる。ロンドン、テート・ブリテン所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オフィーリア【Ophelia】

イギリスの劇作家シェークスピアの悲劇《ハムレット》(1602ころ初演)の登場人物。内大臣である父の命令で王子ハムレットの求愛を退けたあと,彼からじゃけんな仕打ちを受け,父の横死も重なって錯乱に陥り,小川で水死する。ロマン主義的批評家たちが彼女の清純をたたえ,その悲愴美を強調するのに対して,逆に彼女をみだらで不道徳な女だとする立場もある。もろき女たる母の行動への嘔吐にさいなまれるハムレットの内的意識のありようを,オフィーリアに対するハムレットの悪罵にのぞき見ようとする批評家が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オフィーリアの関連キーワードハムレットシェイクスピア・カントリーパークシェークスピアの生家ロイヤルシェークスピア劇場ギャリックシェークスピアの四大悲劇四大悲劇(シェークスピアの四大悲劇)ローヤル・シェークスピア劇団《シェークスピア時代イギリス劇詩人抄》《シェークスピアの悲劇》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オフィーリアの関連情報