コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オポヤーズ Opoyaz

2件 の用語解説(オポヤーズの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オポヤーズ【Opoyaz】

1916年ごろロシアペトログラードで成立した〈詩的言語研究会〉のことで,詩学と言語学を根底に置くロシア・フォルマリズムの批評運動の一翼を担ったグループ。V.B.シクロフスキーB.M.エイヘンバウムYu.N.トゥイニャーノフヤクビンスキーL.P.Yakubinskii(1892‐1945),ポリワーノフE.D.Polivanov(1891‐1938)らが参加。未来派の芸術運動と関連をもちつつ,文学作品を文学以外の要素に還元する素材としていた従来の批評を拒否して文学の自律性を主張し,〈文学の科学〉の確立を志向し,文学作品の主題構成や文体や構造を分析し,言語表現の方法の面から批評を行おうとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オポヤーズ
おぽやーず
Опояз Opoyaz 

詩的言語研究会Общество изучения поэтического языкаの略称。モスクワ言語学サークルとともに、ロシア・フォルマリズム運動を担った。ペテルブルグ(現サンクト・ペテルブルグ)を拠点としたオポヤーズは、シクロフスキー、エイヘンバウムティニャーノフらの文芸学者と、ポリバノフ、ヤクビンスキーらの言語学者からなり、斬新(ざんしん)な詩学、詩的言語論を展開した。その成立時期については種々の説があるが、最初の出版物としては、シクロフスキー著『言葉の復活』(1914)があげられる。すでにそこでは、芸術の手法とは事物を異化・非日常化する手法であるとの考えが鮮明に打ち出されている。その後もオポヤーズは『詩学――詩的言語論集』をはじめ、多くの著作を公にしてゆくが、元来、組織的な集団というよりも、出入り自由のサークル的性格が強く、モスクワ言語学サークルや未来派詩人たちとの交流も活発であった。フォルマリズム批判の高まった1920年代なかばに解散している。[桑野 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オポヤーズの関連キーワードカリーニングラードペトロパブロフスクペトログラード薯蕷Петроградトロイツキー橋ペトログラード要塞ペトロパブロフスク聖堂ペトログラフィカル元素ペトロロシェル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone