コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オラデア Oradea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オラデア
Oradea

ルーマニア北西部,ビボール県 (面積 7535km2。人口 63万 4100〈1992推計〉) の県都。ハンガリー平原の一部をなすクリシュ平野とトランシルバニア高原の境に位置し,ハンガリーとの国境に近い。 11~12世紀に中世都市として発展,1241年にタタール人により破壊されたが,のち再建されて,手工業の中心地となった。 17世紀末からオーストリア帝国の治下に商工業,文化が発達した。第1次世界大戦後ルーマニア領となったが,住民は半数以上がハンガリー人。第2次世界大戦後,機械,製材,皮革,医薬品などの工場が建設された。 18世紀に建設されたカトリック聖堂,バロック様式の市庁舎など重要な文化財がある。鉄道,道路により,クルージナポカ,アラド,ティミショアラ,ハンガリーの首都ブダペストと結ばれている。人口 22万 848 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オラデア(Oradea)

ルーマニア西部の都市。ハンガリー語名ナジバーラド。ハンガリーとの国境に近く、クリシュルレペデ川沿いに位置する。17世紀、オスマン帝国に一時支配されたが、オーストリアハンガリー帝国時代に商工業で発展。18世紀半ばには都市計画に基づいて街並みが整備され、バロック様式の宮殿や大聖堂が多数建造された。ほかに、11世紀頃の建造のオラデア要塞、20世紀初頭の黒鷲宮殿新古典主義様式の国立劇場、ハンガリーの詩人アディ=エンドレの博物館などがある。また、近郊には温泉保養地バイレフェリックスがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

オラデアの関連キーワードディッタースドルフパーズマーニ

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android