コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オラデア オラデア Oradea

2件 の用語解説(オラデアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オラデア
オラデア
Oradea

ルーマニア北西部,ビボール県 (面積 7535km2。人口 63万 4100〈1992推計〉) の県都。ハンガリー平原の一部をなすクリシュ平野とトランシルバニア高原の境に位置し,ハンガリーとの国境に近い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オラデア(Oradea)

ルーマニア西部の都市。ハンガリー語ナジバーラド。ハンガリーとの国境に近く、クリシュルレペデ川沿いに位置する。17世紀、オスマン帝国に一時支配されたが、オーストリアハンガリー帝国時代に商工業で発展。18世紀半ばには都市計画に基づいて街並みが整備され、バロック様式の宮殿や大聖堂が多数建造された。ほかに、11世紀頃の建造のオラデア要塞、20世紀初頭の黒鷲宮殿新古典主義様式の国立劇場、ハンガリーの詩人アディ=エンドレの博物館などがある。また、近郊には温泉保養地バイレフェリックスがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オラデアの関連キーワードアラドシビウハンガリー語ブラショブルーマニアクルージュナポカコロジュバールナジバーラドオラデヤクルターグ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone