コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリノコ[川] オリノコ

2件 の用語解説(オリノコ[川]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オリノコ[川]【オリノコ】

南米,ベネズエラ南西部のパリマ山脈中に発し,北西流してコロンビアとの国境を流れ,東に転じ,リャノ呼ばれるサバンナ地帯を貫流,大西洋に注ぐ川。河口に大三角州を形成。
→関連項目アンヘル滝ギアナ高地コロンビアシウダード・グアヤナトリニダード・トバゴベタンクールベネズエラロライマ[山]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オリノコ[川]【Río Orinoco】

南アメリカ北部,ベネズエラを流れる川。全長2060km,流域面積94万4000km2。支流まで含めた流域はベネズエラの国土の75%におよぶ。ギアナ高地南部のブラジルとの国境をなすパリマ山脈南端に源を発し,熱帯雨林地帯を通ってコロンビアとの国境を大きな弧をえがいて北西から北へ向きを転ずる。アンデス山脈からの大支流メタ川,アプレ川を合流したのちしだいに東流し,ベネズエラ中部のリャノと呼ばれるサバンナ地帯を通って大西洋に注ぐ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のオリノコ[川]の言及

【ラテン・アメリカ美術】より

…エクアドルでは前3000年ごろのバルディビア文化以来土器の伝統が長く,チョレラ,グアンガラ,エスメラルダスなどの地方様式が生まれている。 オリノコ川やアマゾン川流域の熱帯低地ではメソアメリカからアンデスにかけての高文化地域に比べ見劣りがするが,バランコイド,マラジョアラ,サンタレンなどの文化伝統のもと,手のこんだ装飾土器が作られた。また16世紀のアマゾン中流部では,彩色土器が作られ,その見事さはスペイン人を驚かせている。…

※「オリノコ[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone