オリンピアゼウス神殿(読み)オリンピアゼウスシンデン

デジタル大辞泉の解説

オリンピア‐ゼウス‐しんでん【オリンピアゼウス神殿】

Naos tou Olimpiou DiosΝαός του Ολυμπιου Διός》ギリシャの首都アテネの中心部にある古代ローマ時代の神殿跡。アマリアス大通りの南端に位置する。ギリシャ神話の最高神ゼウスを祭る。紀元前6世紀にアテネの僭主(せんしゅ)ペイシストラトスにより着工されたが、失脚などの理由で工事はたびたび中断し、2世紀のローマ皇帝ハドリアヌスの時代に完成。建造当初は104本のコリント式の柱があったが、現在はそのうち15本が残っている。付近には同時期に建てられたハドリアヌスの門がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

オリンピアゼウスしんでん【オリンピアゼウス神殿】

ギリシアの首都アテネ、アクロポリスの近くにあるゼウス神殿の遺跡。ハドリアヌスの門のすぐ後ろにある。神殿が完成したのはローマ皇帝ハドリアヌス(76~138年)の時代である。ギリシア最大級のコリント式の神殿だったとされている。ゴート族の侵入により破壊されてしまったため、現在は15本の柱を残すだけの廃墟になっているが、巨大な柱が往時の壮麗さを物語っている。パルテノン神殿とは異なり、神殿のすぐ近くまで行くことができる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android