オルハン1世(読み)オルハンいっせい(英語表記)Orhan I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルハン1世
オルハンいっせい
Orhan I

[生]1288
[没]1362
オスマン帝国第2代スルタン (在位 1326~60頃) 。父オスマン1世のあとをうけてアナトリアビザンチン帝国領土を征服し,ビザンチン帝室の内紛に介入して皇女テオドラを妃に迎え,1357年チャナッカレ (ダーダネルス) 海峡のヨーロッパ岸に兵を進めた。兵制,土地制度,貨幣制度を整備し,オスマン帝国の国家体制を基礎づけた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android