コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルレアンの乙女 オルレアンのおとめDie Jungfrau von Orleans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルレアンの乙女
オルレアンのおとめ
Die Jungfrau von Orleans

ドイツの詩人,劇作家シラーの戯曲。 1801年初演。百年戦争の末期,イギリスの進攻からフランスを救ったジャンヌ・ダルクの伝説を劇化した作品。イギリス軍によりオルレアンが包囲されているとき,片いなかの農夫の娘ヨハンナ (ジャンヌ) は,霊感により聖母マリアから,祖国危急を救いカルルを王位につけるよう使命を授けられる。彼女は敵を撃退して祖国に勝利をもたらすが,戦場で遭遇したイギリスの士官ライオネルに恋心をいだき,その霊的な力を失ってしまう。祖国救済の崇高な使命と世俗的な恋との間で悩むこの少女は,最後には一切の煩悩を脱し,栄光に包まれて昇天する。ジャンヌ・ダルクは,シラーによって大自然のなかで育った清純な乙女に変えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のオルレアンの乙女の言及

【ジャンヌ・ダルク】より

…フランスの愛国的少女。〈オルレアンの乙女〉と呼ばれる。 百年戦争も後半に入って,フランス王国は再びイギリス軍の侵攻を迎えた。…

※「オルレアンの乙女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オルレアンの乙女の関連キーワードジャンヌ・ダルクジャンヌダルクユーディット

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android