コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレンジミート

2件 の用語解説(オレンジミートの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

オレンジミート

 ブライン凍結カツオを原料とした缶詰に多発する黄褐変肉.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オレンジミート【orange meat】

凍結カツオを原料とした缶詰に多発する黄褐変肉。カツオの漁獲量の約50%は水煮または油漬缶詰に製造されるが,従来の氷冷法で貯蔵したカツオでは見られなかった黄褐変現象が近年多発し,ときには発生率が30%にも達するようになった。開缶直後の肉色は黄褐色で空気に接触すると褐色に変化し,独特の焦げ臭を伴う。この変化は褐変反応の一種である糖・アミノ反応(メイラード反応Maillard reaction)で,糖としては解糖の中間生成物であるグルコース6リン酸G6Pとフラクトース6リン酸F6Pが,アミノ化合物としてはヒスチジンアンセリン,クレアチンが主として関与する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オレンジミートの関連キーワード化学繊維ケント紙代赭マニラ紙紙クロス上り鰹魚肉ハム酸性缶詰

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone