コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オートポイエーシス autopoiesis

翻訳|autopoiesis

大辞林 第三版の解説

オートポイエーシス【autopoiesis】

チリの生理学者マツラーナとバレラによって提唱された、生命システムを特徴づける概念。自己生産を意味し、システムの構成要素を再生産するメカニズムをさす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オートポイエーシス
おーとぽいえーしす
autopoiesis

マトゥラーナHumberto R. Maturana(1928― )とバレラが提唱した、新しい自己組織化理論。細胞、神経系、生物体などが、自分で自分自身をつくりだすというサイクルを反復することで、自律的に秩序が生成されるようなプロセスをいう。生命現象や社会現象の示す、真にダイナミックな様態を説明するための理論として注目されている。河本英夫は、古典的な動的平衡系を第一世代、自己組織化を第二世代、オートポイエーシスを第三世代システムと位置づけている。オートポイエーシスの特徴は、システムが閉じていること、つまり外部からの入力も出力もなしに、再生産が行われることである。いいかえればそこでは、自己言及性のもつ積極的・産出的な働きが注目されているといえる。[吉岡 洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオートポイエーシスの言及

【コネクショニズム】より

…たとえば,やはりサン・ディエゴ認知科学研究所のエルマンJ.ElmanやベイツE.Batesらの発達過程の研究では,発生過程や免疫システムとも関連して,人間と外界とを,絶えざる相互作用を及ぼし合いながら常に変化を続ける時空間パターンを作り出す,動的な生命システムとして捉え直しつつある。それにともなって,人間の意識的知的側面だけでなく,それらの基盤をなす感情システムや生命システムを含むより全体的なつながりの理解へと研究の焦点が移っていき,オートポイエーシスやスーパーシステムなどの理論とのつながりも一層重要になってくるであろう。学習【宮田 義郎】。…

※「オートポイエーシス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オートポイエーシスの関連キーワード組織(社会学)マトゥラーナメカニズムルーマンチリ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オートポイエーシスの関連情報