コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーネット・コールマン おーねっとこーるまん

世界大百科事典内のオーネット・コールマンの言及

【ジャズ】より

…こうしたハード・バップ時代(1956‐61ころ)は,モダン・ジャズが成熟期に達した時代である。
[フリーとモード]
 1959年,ニューヨークに紹介されたオーネット・コールマンは,それまでのジャズになかった奇妙な音階と強烈なリズムをもつ音楽を演奏し,ジャズに新しい次元をひらいた。オーネットの音楽は,楽典的にみると調子はずれの音の羅列に聞こえ,その重要性が認識されるまでには数年間を要した。…

※「オーネット・コールマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

オーネット・コールマンの関連キーワードゴールデン・サークルのオーネット・コールマンコールマン(Ornette Coleman)マクリーン(Jackie McLean)フリー・ジャズ[free jazz]テーラー(Cecil Taylor)ショア(Howard Shore)ジェームス・ブラッド ウルマーブレイ(Paul Bley)ワーレス・ジョン カータージャマラディーン タクマキャプテン・ビーフハートボビー ブラッドフォードカール・H. ベルガーチャールズ モフェットジェラルド ビーズリーデビッド アイゼンソンエロール ヘンダーソンチャーリー ヘイデンゲイリー ピーコックエド ブラックウェル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android