コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーバーシューティング overshooting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーバーシューティング
overshooting

マネーサプライ (通貨供給量) など為替レートを動かす要因が変化すると,為替レートの調整が行なわれるが,一時的に均衡すべきレートを超えて過剰調整になってしまう現象をいう。 1973年の変動相場制への移行以来,外国為替管理の緩和・自由化や金融資産の急速な蓄積により,国際資本取引の量が財・サービスの貿易による決済取引をしのぐようになった。オーバーシューティングは,市場参加者の期待が為替レートを左右し,資本取引に比べ財市場の調整速度が遅いことに起因している。これは金融市場のみならず実体経済にも影響をもたらし,インフレなど経済の不安定要因となることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オーバーシューティング

変動相場制において,短期的に為替レートが均衡点(市場均衡水準)から大きく乖離(かいり)してしまう現象。原因としては,物価水準の調整には為替レートの調整より相対的に時間がかかることが挙げられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

オーバーシューティング【overshooting】

行き過ぎ。やり過ぎ。オーバーシュートとも。
変動為替相場制において、為替レートが短期的に目標点を超えて大きく乖離かいりすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

オーバーシューティングの関連キーワードアセット・アプローチ理論R. ドーンブッシュ新固定レート制度管理フロート制度国際流動性問題変動為替相場制

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android