オープン・ブリッジ政策(読み)オープン・ブリッジせいさく(英語表記)Open Bridge Policy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オープン・ブリッジ政策
オープン・ブリッジせいさく
Open Bridge Policy

1967年6月の六日戦争以後,イスラエルがとっている一種の門戸開放政策。 M.ダヤン国防相により提唱されたもの。六日戦争の結果,イスラエルは新たにヨルダン川西岸とガザ地区を占領し管轄下に収めた。占領地のアラブ住民の数が 100万人近くに達したため,イスラエル政府はヨルダン国境の門戸開放政策をとり,家族の絆の維持,商売,仕事,教育,巡礼などのためのアラブ諸国への往来の自由を,占領地のアラブ住民に認めた。ヨルダン川にかけられたアレンビー橋などで,この政策の実際をみることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android