コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

門戸開放政策 もんこかいほうせいさくOpen Door policy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

門戸開放政策
もんこかいほうせいさく
Open Door policy

19世紀末,中国市場の獲得を目指してアメリカが打出した対中国政策。 1898年アメリカがフィリピンを領有し中国進出をはかろうとしたときには,すでに列強の独占的な権益が確定していたため,アメリカの入る余地はなかった。 99年 J.ヘー国務長官はこれら列強の独占体制を打破し,中国進出をはかろうと,列国勢力範囲内における関税の平等などを求める覚え書をフランス,イタリア,ドイツ,イギリス,日本,ロシアに送り,各国とも原則的にはこれを了承。さらに 1900年の義和団事変に際しては,中国全土における各国の通商の機会均等,中国の領土および行政の保全を強調する覚え書を再度各国に送付。このようなアメリカの政策は,のちに日本の中国大陸進出の意図と対立を生じ,太平洋戦争の一因となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

もんこかいほう‐せいさく〔モンコカイハウ‐〕【門戸開放政策】

1899年、米国国務長官ヘイによって提唱された外交政策。中国の領土保全門戸開放、商業上の機会均等を主張したもので、遅れて登場した米国が列強の帝国主義競争への割り込みを意図したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もんこかいほうせいさく【門戸開放政策】

二〇世紀初めの中国に関するアメリカの外交政策。中国の領土保全と中国における産業・通商上の機会均等を、既得権をもつ他の帝国主義列強に対し主張するもの。国務長官ジョン=ヘイが中国分割参加を宣言。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

門戸開放政策の関連キーワード四か国条約(しかこくじょうやく)門戸開放・機会均等政策オープン・ブリッジ政策石井=ランシング協定スティムソン主義ワシントン体制マッキンリーロックヒル日本外交史九か国条約九ヵ国条約日露戦争リベリア米中関係既得権ヘイ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android