コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイエトゥール滝 カイエトゥールたき

デジタル大辞泉の解説

カイエトゥール‐たき【カイエトゥール滝】

Kaieteur Falls》ガイアナ中央部の滝。ギアナ高地を流れるエセキボ川の支流、ポタロ川にかかる三つの滝の一つ。幅約100メートル、落差約220メートル。周辺一帯は国立公園に指定。カイエチュール滝。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカイエトゥール滝の言及

【ガイアナ】より


[自然,住民]
 国土は南北に延びる長方形をなしており,最も奥地の南部および南西部は標高2810mのロライマ山をはじめとする山地に囲まれている。数多くの河川がここより北の海岸に向かって流れ,中央部を貫くエセキボ川の支流ポタロ川にかかるカイエトゥール滝(高さ226m,幅105m)など,各所に急流が多い。内陸部は南東部の台地を除くと熱帯林でおおわれ,森林は国土の85%を占めている。…

※「カイエトゥール滝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android