カイガラサルビア(読み)かいがらさるびあ

  • Molucella laevis L.

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シソ科モルセラ属の半耐寒性の一年草。西部アジア、シリア原産。草丈は60~80センチメートル。分枝は基部からのみ。葉は心臓状円形で粗い鋸歯(きょし)がある。花穂は40~50センチメートルで1か所に6花を輪生する。一般に花と思われている淡緑に細い白い脈のある大きな貝殻状の部分は萼(がく)で、花は萼の中にあり、小さく白色で先端が桃色を帯び、香りがあるが目だたない。花期は初夏。涼しい気候を好み、日当り、水はけのよい肥沃(ひよく)な土壌に適する。秋播(ま)きで、冷蔵庫に1週間ほど入れてから播くと発芽がよい。切り花として、カーネーション、バラなどと混ぜて用いると美しい。またドライフラワーに最適で、収穫後、涼しい、暗い、風通しのよい所で干してつくる。

[山口美智子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android