コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイロウドウケツカイメン(偕老同穴海綿) カイロウドウケツカイメンVenus’ flower basket

世界大百科事典 第2版の解説

カイロウドウケツカイメン【カイロウドウケツカイメン(偕老同穴海綿) Venus’ flower basket】

六放海綿綱カイロウドウケツ科Euplectellidaeの海綿動物の総称。このカイメンの胃腔の中に,通常雌雄1対の小さなエビ(ドウケツエビSpongicola)が入っていて,この場所を生涯のすみかにしているところから,このエビは生きてはともに老い,死んではいっしょに葬られる意味の偕老同穴の名がつけられた。相模湾,駿河湾,土佐湾などに分布し,水深100~1000mの海底に根毛状の骨片の束をつきさして直立している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のカイロウドウケツカイメン(偕老同穴海綿)の言及

【ドウケツエビ(同穴蝦)】より

…六放海綿類のカイロウドウケツカイメン類の体腔中にすむ甲殻綱ドウケツエビ科のエビ。体長3cm内外で,雌のほうが大きい。…

※「カイロウドウケツカイメン(偕老同穴海綿)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android