コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイメン(海綿) カイメン

2件 の用語解説(カイメン(海綿)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カイメン(海綿)【カイメン】

多細胞動物のうちで最も下等な海綿動物の総称。一部の淡水産のものを除き,潮間帯〜深海の底に広く分布し,岩石,海藻,貝の上などに着生して移動できない。体内には炭酸カルシウムやケイ酸質の骨片が組み合わさっている。
→関連項目出芽

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カイメン【カイメン(海綿) sponge】

海綿動物門Poriferaに属する無脊椎動物の総称。体を構成している細胞の分化の程度が低く,真の組織や器官がまだ形成されておらず,そのうえ神経や筋肉もない系統学上もっとも原始的な後生動物である。系統進化上から後生動物と区別して側生動物ということもある。 カイメンは他物に付着していて運動もしないので,1700年代には植物とされていたほどである。ごく少数の種類は淡水にすむが,大部分は浅海に産し種類が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のカイメン(海綿)の言及

【スポンジ】より

…もともと,海中動物であるカイメンを意味する言葉である。カイメンの多孔質の骨格は保水性があり,柔軟性,弾性に富むので,家庭用品として,食器,家具,車の洗浄用ブラシなどに用いられてきた。しかし,高分子工業の発達とともに,カイメンと同様な連続気泡を有し,柔軟性,弾性に富む合成発泡体が低コストで任意の大きさに均一に製造されるようになったため,現在ではほとんど合成品に置き換えられた。 代表的な高分子はポリウレタンであり,軟質ウレタンフォーム(軟質発泡ポリウレタン)として製造,使用される。…

※「カイメン(海綿)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カイメン(海綿)の関連キーワード海綿動物後生動物肛門脊索動物無脊椎動物海綿淡水海綿角質海綿軟体類微胞子虫目