コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドウケツエビ ドウケツエビ Spongicola venusta

3件 の用語解説(ドウケツエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドウケツエビ
ドウケツエビ
Spongicola venusta

軟甲綱十脚目ドウケツエビ科。体長 1.5cm。日本南部の水深 150~1000mの海底に直立しているヤマトカイロウドウケツカイメン,オウエンカイロウドウケツカイメンの胃腔内に雌雄一対ですんでいる(→カイロウドウケツカイメン)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ドウケツエビ

甲殻類オトヒメエビ科のエビ。体長3cm内外,色は薄いピンク。幼期カイロウドウケツカイメンの上部の穴からその体内に入り,生涯をそこで暮らす。普通,雌雄1対。第3胸脚ははさみ状に発達するが,他の足は細くて小さい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドウケツエビ
どうけつえび / 同穴蝦
[学]Spongicola venusta

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目オトヒメエビ科に属するエビ。体長3センチメートルに達する小形のエビで、水深150~400メートルの砂泥底に育つ海綿動物のオウエンカイロウドウケツやマーシャルカイロウドウケツの格子状の体腔(たいこう)内に、普通雌雄一対で生活している。浮遊生活の幼生期にカイメンの中に入ってそのまま成長するものと思われるが、カイメンとの関係やエビ自体の生活史はほとんど不明である。白色半透明で、甲はあまり硬くない。額角(がっかく)は上縁に8~10歯、下縁に3、4歯ある。前3対の胸脚にはさみをもつが、第3対目が著しく大きい。近縁のヒメドウケツエビS. japonicaでは、第3胸脚が細長く、また腹部の側甲が丸い。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドウケツエビの関連キーワード軟甲類沼海老藜海老乙姫蝦桜蝦芝海老猩猩蝦同穴蝦牡丹海老ドウケツエビ(同穴蝦)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドウケツエビの関連情報