コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイロウドウケツカイメン Euplectellidae; Venus's flower basket

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイロウドウケツカイメン
Euplectellidae; Venus's flower basket

海綿動物門六放海綿綱六放星目カイロウドウケツ科の種類の総称。体は高さ 10~40cm,幅2~6cmの円筒形で,下部は長い根毛状の骨片の束になって海底に直立している。体の上端は半球状にふくらんだふるい状の板でおおわれていて,外部からの侵入を防いでいる。体壁には籠の目のようにたくさんの穴があって,ここから水や微小な餌が入り,上端の口から流れ出るようになっている。胃腔内にはドウケツエビという小型のエビが共生しているが,これは幼生時代に水とともに腔内に入って成長したものである。ヤマトカイロウドウケツカイメン Euplectella imperialis,オウエンカイロウドウケツカイメン E. oweniなどがあるが,いずれも水深 100~1000mの海底にすみ,相模湾,駿河湾,土佐湾などに分布している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カイロウドウケツカイメン

六放海綿類カイロウドウケツ科の海綿動物。長さ10〜40cm,幅2〜6cmの円筒形でケイ酸質の骨片からなる。淡いクリーム色。根の部分で泥の中に立つ。胃腔内にはときに体長2〜3cmのドウケツエビが数個体すんでいるところから,生きては共に老い,死んでは一緒に葬られる意味の偕老同穴の名がつけられた。
→関連項目カイメン(海綿)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

カイロウドウケツカイメンの関連キーワードEuplectella imperialisドウケツエビ(同穴蝦)