コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイロ博物館 カイロはくぶつかん

百科事典マイペディアの解説

カイロ博物館【カイロはくぶつかん】

エジプトの首都カイロの中心部ミダン・エッタハリール(解放広場)の北西にある博物館。1851年設立,初代館長はフランスの考古学者A.マリエット。当初はブーラークにありブーラーク博物館と呼ばれた。
→関連項目カイロボストン美術館

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カイロはくぶつかん【カイロ博物館 Egyptian Museum,Cairo】

古代エジプトの文化遺産に関する世界最大の博物館。カイロ市の中心部,ナイル河畔にある。収蔵品は,王朝前時代からグレコ・ロマン期に至る彫像,絵画,工芸を中心に,諸王のミイラ,碑石やパピルス文書等を含め,総数10万点に及ぶ。創立は1851年,マリエットA.F.Mariette(1821‐81)がブーラークに開設した保存陳列館に始まり,1902年に現在の地に本格的な博物館として発足し,今日に至る。代表的収蔵品として,《カフラー王座像》《村長の像》《ラホテプとノフレト像》およびツタンカーメン王墓出土の豪華な遺宝群がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

カイロ博物館の関連キーワードマスペロ(Gaston Maspero)カーター(Howard Carter)ルートヴィヒ ボルヒャルトエジプト博物館(カイロ)ハワード カーターボルヒャルトアマルナ文書マスペロ水時計

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カイロ博物館の関連情報