コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

友部 ともべ

2件 の用語解説(友部の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

友部
ともべ

茨城県中部,笠間市東部の旧町域。涸沼川 (ひぬまがわ) 中流域に位置する。 1955年穴戸町と大原村,北川根村が合体して発足。 1955年鯉淵村の一部を編入。 2006年笠間市,岩間町と合体して笠間市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

友部
ともべ

茨城県中西部、西茨城郡にあった旧町名(友部町(まち))。現在は笠間(かさま)市の東部を占める地域。旧友部町は1955年(昭和30)宍戸(ししど)町と大原、北川根の2村が合併して成立し、同年鯉淵(こいぶち)村の一部を編入。2006年(平成18)笠間市に合併。宍戸町の友部が中心地となったのが旧町名の由来。旧町域は鶏足(とりあし)山塊に属する山地と東茨城台地および涸沼(ひぬま)川沿岸低地よりなる。JR常磐(じょうばん)線・水戸線、国道50号、355号が通じる。北関東自動車道の友部インターチェンジ、常磐自動車道の友部スマートインターチェンジがある。中世は宍戸氏の支配、近世は松平氏宍戸藩1万石の城下町。鉄道開通後、分岐点友部駅前商店街が発達し、宍戸は衰えた。農業がおもで、クリ・キクの栽培、酪農、肉牛飼育が盛ん。猟銃工場は特色のある工業として有名である。県立中央病院、県立リハビリテーションセンター、県教育研修センター、葉タバコ再乾燥工場など公共機関が多い。近年は水戸市の近郊住宅地化している。[櫻井明俊]
『『友部町百年史』(1971・友部町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

友部の関連キーワード茨城県笠間市安居茨城県笠間市泉茨城県笠間市稲田茨城県笠間市笠間茨城県笠間市上郷茨城県笠間市手越茨城県笠間市箱田茨城県笠間市東平茨城県笠間市福田茨城県笠間市福原

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

友部の関連情報