カキネガラシ(読み)かきねがらし

  • Sisymbrium officinale (L.) Scop.
  • かきねがらし / 垣根芥子

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブラナ科の一、二年草。茎は高さ30~80センチメートルでよく分枝し粗毛がある。葉は羽状に深裂し、裂片は長楕円(ちょうだえん)形で開出する。4~7月、黄色の小花を開く。果実は長さ1.0~1.2センチメートル、先は鋭くとがり、短い軟毛があり、枝に圧着する。ヨーロッパ、西アジア原産の帰化植物である。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカキネガラシの言及

【アブラナ(油菜)】より

…路傍などに単発的に生えるが,安定的な生育地にはならないことが多い。(7)カキネガラシSisymbrium officinale (L.) Scop. (イラスト)前種と同様に直立した茎を有する一~二年草で,ヨーロッパ原産。葉は深く羽状に裂ける。…

【キバナハタザオ】より

…果実は細長く開出して長さ10~15cm。 カキネガラシ属Sisymbriumは世界に約十数種あるが,日本に野生するのはキバナハタザオだけである。カキネガラシS.officinale (L.) Scop.,イヌカキネガラシS.orientale L.,ハタザオガラシS.altissimum L.などは,アジア西部からヨーロッパの原産で,帰化植物となって日本にきている。…

※「カキネガラシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android